Lancersで現役エンジニアに相談してみよう!

【超簡単】ワードプレスを利用した企業・店舗ホームページの作り方

「ワードプレスでホームページを作りたいんだけど、設定や流れが全然分からない。誰か初心者でも分かるように解説してほしいな。」

こんにちは。ペガローです。

インターネットの普及に伴って、最近は自作ホームページを作る企業・お店も増えてきました。

当ブログでもホームページ制作に関する記事を公開していますが、最近「どうやって作ればいいのか分からない」というお店の経営者からの問い合わせを2~3件頂きました。

そこでこの記事では、自作ホームページを検討している方に「企業向けのホームページをワードプレスで作る方法&おすすめ初期設定」を画像付きで解説しています。

ワードプレスを利用した企業・店舗ホームページの作り方

ホームページ ワードプレス 作り方

まずは、ホームページの土台を作っていきましょう。

項目は主に下記の2つ。

ホームページに必要な土台
  • サーバーの契約
  • ドメインを購入
  • ワードプレスのインストール

順番に見ていきましょう^^

サーバー・ドメインの購入

ホームページ ワードプレス 作り方

ホームページはよく「家作り」に例えられます。

ホームページと家づくりの相関イメージ
  • サーバー:土地
  • ドメイン:住所
  • ホームページ:家

土地(サーバー)や住所(ドメイン)がないのに、家(ホームページ)は作れないですよね。

これはホームページに限った話ではなく、世界中全てのWebサービス・ブログなどがサーバー&ドメインを取得して運営されています。

少し前までは、ドメインとサーバーは別々に契約した上で、契約者がデータを紐づける作業をする必要があり、これが非常に煩雑でした。

ここで挫折した人も多いと思います。

しかし、技術やサービスが進歩した現代においては、1つの契約でドメイン・サーバーを管理することができるため、紐付け作業や管理の手間が省けてめちゃくちゃ便利です。

ドメイン・サーバーを一括で管理できるサービスは何社かありますが、ここでは僕が個人的に使っている&おすすめを紹介します。

ホームページ ワードプレス 作り方

ConoHa WING(コノハウィング)と言いまして、おすすめな理由は下記の通り。

Conoha WINGのおすすめポイント
  • 速い
  • 安い
  • 大手

まず、サイトの表示速度が圧倒的に速い。
現代のWeb業界では、ユーザーがリンクをクリックしてからページが表示されるまでの時間が1秒長くなると「50%が離脱」してしまうと言われています。表示速度が遅いと検索順位にも悪影響が出てしまうため、非常に重要な要素ですね。

また、月額料金が1000円を切ります。
表示速度は業界トップレベルなのに、月額料金は「1000円未満」と非常に安価。僕はコノハウィングに自分のサイトを3つほど載せていまして、合計で50万人/月くらいのユーザーに見られていますが、全然余裕。ありえないコスパの良さです。

運営会社は超大手。
コノハウィングを運営している「GMO」という会社はIT・インターネット業界では超大手。もちろん東証一部上場していますし、さらに日本企業なのでサポートも日本語でしてくれます。

おすすめポイントまとめ
  • 圧倒的な表示速度
  • 月額料金1000円未満
  • 一部上場の「GNO」が運営

ここからは、ConoHa WING(コノハウィング)を実際に契約してドメイン・サーバーを取得するまでの流れを解説していきます。

手順1
コノハアカウントの作成
ホームページ ワードプレス 作り方

ConoHa WING(コノハウィング)に移動し、まずは「コノハアカウント(無料)」を作成します(画像左)。

手順2
SMS認証・支払い方法の設定

ホームページ ワードプレス 作り方

登録したアドレス宛にメールが届くので、ログインすると上の画像と同じ画面が表示されます。SMS認証とご希望の支払い方法を登録して「次へ」を押しましょう。

手順3
料金プランを決める
ホームページ ワードプレス 作り方

支払い方法の設定が終わると、コノハウィングの管理画面に移動します。画面左上の「サーバー追加」を選択すると、画面真ん中あたりでプランを選べるようになります。

初心者の方はベーシックでOKでして、契約期間に応じて月額料金に割引が入るシステムになっています。個人的には1年単位で見直すぐらいがちょうどいいので、12ヶ月がおすすめですね。

「初期ドメイン」は、とりあえず好きなアルファベットを入力しておきましょう。ほとんど使いません。

「サーバー名」はそのままで問題ないので、画面右の「続ける」を選択しましょう^^

手順4
決済内容を確認する

ホームページ ワードプレス 作り方

支払い方法の確認画面が表示されるので、確認して問題がなければ「決済」を選択します。

これで、サーバーの手続きは完了しました。続きまして、ドメインの取得手続きに入りましょう。

手順5
ドメインを取得する

ホームページ ワードプレス 作り方

コノハウィングでは、ドメインを無料で取得することが可能です。太っ腹ですね。

サーバーの手続きが完了すると同時に、上の画像のような表示がされるので、「ドメイン新規取得」を選択してから「追加する」を選びましょう。

手順6
ドメインを選ぶ

ホームページ ワードプレス 作り方

お好きなドメイン名を入力すると、そのドメイン名で取得できる語尾(com・netなど)が表示されます。

基本的には何でも良いですが、com/net/infoあたりが無難なので、そちらが取れれば優先して取得しましょう。

「カートに追加」を選択したあとに、画面右上の「次へ」を選んでください。

手順7
ドメイン取得者の情報を入力する

ホームページ ワードプレス 作り方

ドメインを取得する人の情報を入力していきます。名前の入力がローマ字になっている点に注意してください。

入力したら、画面右上の「次へ」を選びましょう。

手順8
確認する

ホームページ ワードプレス 作り方

確認画面が表示されるので、「決定」を押します。

お疲れ様でした。これで、ドメインの登録も完了です。

疲れているかもしれませんが、このままワードプレスの設定まで一気にやりましょう。

ワードプレスのインストール

ホームページ ワードプレス 作り方

自動的に上の画像のように表示されるので、「作成する」を選択してください。

ワードプレスの設定は、すぐ終わるので安心してくださいね^^

手順1
ワードプレスを設定するドメインを選ぶ

ホームページ ワードプレス 作り方

先ほど取得したドメインを選択して「次へ」を選びます。

手順2
インストールに必要な情報を入力する

ホームページ ワードプレス 作り方

少しややこしいので、項目ごとに説明しますね。


バージョン:数字が大きいものを選択


URL:wwwなしを選択(入力は任意〜と書いてある場所は空白のままでOK)


サイト名:お好みでどうぞ(後から変更可能)


メールアドレス:入力してください


ユーザー名:覚えやすいものでOK(あとで使うので、メモしておきましょう)


パスワード:覚えやすいものでOK(これもあとで使うので、メモしておきましょう)


データベース:最初から、何か文字列が入力されていますが、そのままでOK(パスワードだけ、覚えられるものを入力してください)


コントロールパネルプラグイン:チェックを入れます


自動キャッシュクリアプラグイン:チェックを入れます


入力が完了したら、画面右下の「作成する」を選びましょう。

すみません、本来なら完了画面が表示されるのですが、スクリーンショットをするのを忘れていましたm(__)m

ともかくこれで、ワードプレスのインストールは完了です!

管理画面から「サイト管理」→「サイト設定」を選び、画面内の「http://〇〇〇/wp-admin/」というURLを選択しましょう。

ホームページ ワードプレス 作り方

インストールしたワードプレスのログイン画面が表示されるので、先ほど設定した「ユーザー名+パスワード」を入力してログインしてみましょう。

ホームページ ワードプレス 作り方

こんな感じの画面が表示されれば、ワードプレスのインストールは完了です。お疲れ様でした^^

ホームページ ワードプレス 作り方

ここからは、ワードプレスではじめにやっておいた方が良い初期設定について解説していきます。

【ホームページ版】ワードプレスのおすすめ初期設定

ホームページ ワードプレス 作り方

インストールが終わってログインまで出来たら、ワードプレス本体の初期設定を行っていきましょう。

設定できる箇所や項目は無数にありますが、この記事では「絶対やっておいた方がよいこと」だけを紹介しています。

やっておくべき初期設定リスト
  • パーマリンク設定の変更
  • URLをhttp→httpsに変更
  • グーグルアナリティクスの設定
  • サーチコンソールの設定

さっそくみていきましょう^^

パーマリンク設定の変更

ホームページ ワードプレス 作り方

管理画面の左側のサイドバーから「設定」→「パーマリンク設定」と進み、表示された画面の「カスタム構造」という項目のボックス内に「/%postname%/」と入力してから、画面下の「変更を保存」を押してください。

よく意味が分からないと思いますが、とりあえずそうしておけば間違いはないです。

URLをhttp→httpsに変更

ホームページ ワードプレス 作り方

コノハウィングの管理画面から「サイト管理」→「サイトセキュリティ」→「無料独自SSL」の利用設定をONにしてください。

ONにしてから5~10分ほど待つと、画面内の表記が「設定中」→「利用中」に変わるので、そうなったら次の画像に進んでください。

ホームページ ワードプレス 作り方

管理画面の「サイト管理」から「サイト設定」に進んでください。画面内に「かんたんSSL化」という灰色のボタンがあるので、クリックしましょう。

上の画像のように青色になったら成功です。

ワードプレスの画面に戻ってから、ページをリロードしてみてください。画面左上のURLが表示される場所が「鍵マーク」になっているはずです。

ホームページ ワードプレス 作り方

グーグルアナリティクスの設定

ホームページ ワードプレス 作り方

ホームページを作って集客するのであれば、自分のホームページにどれだけのユーザーがきているのかを把握する必要があります。

そのための計測ツールが「Googleアナリティクス」といいまして、無料で使える高機能ツールです。

詳しい設定方法は別記事にて解説しているので、そちらをご確認ください。

参考 Googleアナリティクス導入時の設定・設置方法【初心者向け】AIアナリスト

サーチコンソールの設定

ホームページ ワードプレス 作り方

上述している「Googleアナリティクス」はアクセス解析専用のツールですが、「Googleサーチコンソール」はホームページ全体の健康状態を把握するのに便利な無料ツールです。

サーチコンソールの使い方・詳しい説明に関しても別記事で紹介しているのでご参照くださいm(__)m

参考 【入門版】Google Search Consoleの登録・設定方法&使い方Web幹事

以上、ワードプレスでやっておくべき初期設定でした。

やっておくべき初期設定リスト
  • パーマリンク設定の変更
  • URLをhttp→httpsに変更
  • グーグルアナリティクスの設定
  • サーチコンソールの設定

【ホームページ版】ワードプレスのおすすめプラグイン

ホームページ ワードプレス 作り方

初期設定の次は、プラグインの導入です。

『プラグインって何?』と思うかもしれませんが、簡単にいうと「標準のワードプレスにない機能をパッケージ化したもの」でして、基本的に無料でインストールしてワードプレスを自分好みにカスタマイズすることが可能になります。

お問い合わせフォームの設置や、商品リンクを簡単に作成できる便利なものを厳選して紹介しますね。

おすすめプラグインリスト
  • Google XML Sitemaps
  • TinyMCE Advanced
  • Contact Form 7

※プラグインの基本的な使い方・インストール方法はこちらの記事で紹介しています。

参考 プラグインの説明と設定方法BizVector

Google XML Sitemaps

ホームページに新しくページを追加したり、既存のページを修正した際にGoogleに自動的に変更を伝えてくれるプラグインです。ほとんどのワードプレス利用者が使っているプラグインでして、入れない手はありません。

TinyMCE Advanced

記事を書く際、文字の装飾や色付けを簡単にしてくれるプラグイン。このプラグインもほとんどのワードプレス利用者が使っているため、初心者の方なら入れておきましょう。

Contact Form 7

ホームページにお問い合わせフォームを設置するために必要なプラグインです。自分でプログラミングができない人は、お問い合わせフォームを自作することができないので必ず入れておきましょう。


ちなみに、プラグインを入れすぎたサイトは表示速度が遅くなるため、グーグルの評価が下がります。

検索順位に悪影響を及ぼすため、多くても15個くらいにしておきましょう。

【ホームページ版】ワードプレスのおすすめテーマ

ホームページ ワードプレス 作り方

初期設定・プラグインの導入まで完了したら、次はテーマを決めましょう。

テーマとは「ワードプレスの基本的なデザイン・機能が搭載されているパック」みたいなもので、無料テーマから何万円もする有料テーマまで沢山の種類があります。

結論から言うと、最初から有料テーマを使った方が効率が良いです。テーマ変更自体は後からでもできますが、設定のやり直しがめっっちゃ面倒&無料テーマは機能が少ないからです。

最初のうちは何を選べば良いのか分からないと思うので、企業のホームページにおすすめなテーマを3つだけ紹介しますね。

僕がおすすめするワードプレステーマ3選
  • Emanon(エマノン)
  • THE THOR(ザ・トール)
  • SANGO(サンゴ)

1つずつ解説していきます^^

①Emanon Pro

Web集客に強いビジネス用WordPressテーマ

ビジネスサイトに適したデザインと機能を追加した個人事業主や中小企業向けのWordPress有料テーマです。企業サイトや事業紹介サイトを簡単に制作出来ます。店舗・中小企業ホームページならこれ1つで必要な機能が全てそろっていると思います。

↪︎Web集客に特化したWordPressテーマ Emanon

②ザ・トール

テーマイメージ

上述のEmanonと比べたら、少しコーポレートサイトっぽいデザインが特徴。企業としての信頼性を高めつつ、SEO集客もしていきたいならおすすめのテーマです。デザインを何種類か選べるので、そこから好きなものを選びましょう。

↪︎圧倒的にSEOに強いWPテーマ【ザ・トール】

③SANGO

ホームページ ワードプレス 作り方

当ブログで採用しているテーマ。月間200万PVのWebメディア「サルワカ」の運営者さんが開発してくれました。

Googleが推奨している「マテリアルデザイン」を基調とした柔らかい雰囲気が特徴。美容室・ネイルサロンのサイトに多いイメージです。

また、専用ガイドが公開されており、カスタマイズが簡単にできる点もグッド。

↪︎SANGOの公式ページはこちら


見た目だけならオシャレなテーマはたくさんありますが、SEOに関する設定が万全なテーマは多くはありません。

上記で紹介した3つのテーマは、ブロガー・アフィリエイター・企業ホームページでも利用されており、グーグル検索において実際に上位表示されています。

デザイン性と実利のバランスを考えたテーマ選びが重要ですね。

僕がおすすめするワードプレステーマ3選
  • Emanon(エマノン)
  • THE THOR(ザ・トール)
  • SANGO(サンゴ)

まとめ:ホームページは作って終わりじゃありません

ホームページ ワードプレス 作り方

ホームページは作って終わりではありません。

あなたの会社・お店がインターネット上で指名検索をされるほど、すでに有名であるならホームページを作ってすぐに問い合わせや予約が入るでしょう。

ただし、そうではないなら、まずはあなたのホームページをユーザーに知ってもらうための行動・作業が必要になりますよね。

ホームページ作成後の具体的な行動指針に関しては、下記の記事でまとめているのでご参照ください。

参考 集客効果のあるホームページとは?集客を上げるための5つのポイントDiGiLAB