Lancersで現役エンジニアに相談してみよう!

【SEO】ブログ・ホームページの検索順位を上げるための考え方まとめ

 

サイト運営者

「ブログ・ホームページを運営しているが、検索順位が上がらずにアクセスが増えなくて困っている。狙ったキーワードで上位表示させるための方法や考え方について教えてください。」

 

こんな悩みに答えます。

 

【この記事の筆者】
・月間アフィリエイト収益30万円以上が安定中
・福岡にてフリーランスエンジニアとして活動中

 

世の中には、自身でサイトを運営したことのない人がSEOに関するノウハウを記事にしていますが、泳げない人に泳ぎかたを教えてもらいたくないですよね ^^;

 

そんな記事に騙されないように、僕の実体験に基づいた情報をまとめています。

 

検索順位を上げるための考え方

検索順位 上げる

 

結論から言うと、『今上位表示されている他サイトよりも優れていると”Googleに思わせる”』です。

 

例えば、あなたが「脇脱毛 おすすめ」というキーワードを狙った記事を書いたとして、書いてから2~3ヶ月経過しても上位表示されない場合、何かが今の上位表示サイトに負けているとGoogleに思われているから上位表示されていません。

 

※検索順位を決定するアルゴリズムはGoogleが作るから、当たり前ですよね。

 

Googleのアルゴリズムはブラックボックスなので、サイト運営者側からすると「これが正解!」というものはわかりません。

 

しかし、条件はわからなくても実例はありますよね。

 

そう、今上位表示されているライバルサイトです ^^

 

あなたのサイト・ブログと、今上位表示されているライバルサイトを「Google視点で」見比べてみましょう。

 

例えば、以下のリストで圧倒的に負けている項目があったら改善するべきです。

 

ライバルサイトとの比較項目
  • 記事の内容に独自性があるか
  • 記事本文の情報量・文章構成
  • 読みやすさ(画像や装飾)の工夫
  • 書いている人の権威性・専門性
  • 被リンク・発リンクの数・質

 

③・④番目はすぐに改善できるものではありませんが、今のGoogleはサイト運営者の信頼性・権威性を非常に重要視しています。

 

※SNSのフォロワーやYouTubeのチャンネル登録者が多い人なんかは、順位が上がりやすい傾向にありますね。

 

そのため、①・②は改善しつつ、時間をかけてでも③・④の向上に努めることで長期的なアクセスの確保が見込めます。

 

これは、個人で年収1億円以上を稼ぎだす「マナブログ」の運営者「マナブ」さんも言われていることです。

 

いろいろ難しい専門用語が並んでいますが、「独自性がある・自分で書いている・他社から評価されていることが重要」と書かれています。

 

このツイートを深掘りした記事も執筆されているので、リンクを貼っておきますね ^^

参考 GoogleのSEOアップデートを分析しました【戦略公開】manablog

 

最初から全部を意識する必要はない

検索順位 上げる

 

「いや、こんなに一気に意識して書けないよ・・・」

 

確かに、こんなに色々考えながら書いていたら1記事書くのに何十時間もかかってしまいますし、途中で挫折してしまいそうですよね。

 

しかし、最初から完璧な記事を書く必要はありません。なぜなら、記事は後から修正(リライト)が可能だから。

 

一旦書いてみて、2~3ヶ月後にチェックした時に修正すればいいのです。

 

ちなみに、狙っているキーワードの数が30を超えているなら、検索順位チェックツールの導入がおすすめでして、この記事で解説しています。
SEO順位チェックツール『RankTracker(ランクトラッカー)』がおすすめ

 

身もふたもありませんが、今まで書いてきた考え方・テクニックは今すぐ覚える必要は一切ありません。

 

なぜなら、記事を書く→後から修正を繰り返すうちに自然と体に身に付くスキルだから。

 

重要なのは「とりあえず記事を書いてみて、後から見直す」たったこれだけです。

 

とりあえず書いてみた記事が2~3ヶ月後に狙ったキーワードで30~50位くらいなら、次の修正で10位以内に入る可能性は十分にあります。

※修正した後も、2~3ヶ月は様子見する必要があります

 

書く→修正を繰り返すことで、狙ったキーワードで上位表示を狙っていけばいいんです ^^

 

「たしかに・・・でも、それなら実際に稼げるようになるまで最低でも半年はかかるってこと?」

 

その通りです。SEOはお金をかけずにユーザーを集客できますが、効果が出るまで時間がかかることが大きなデメリットです。

 

ただ、個人・企業のどちらにしても、それだけ根気の必要な作業を継続して行えるサイトは少ないので、継続してやるだけである程度の成果がでるのも事実。

 

すぐに集客がほしいなら、お金を払って広告を出すべきですね。

 

少し長くなったので、一旦ここまでの内容をまとめます。

 

検索順位を上げるために
  • 2~3ヶ月毎の修正を繰り返す
  • 修正する際に気をつけるべき項目
    ・記事の内容に独自性があるか
    ・記事本文の情報量・文章構成
    ・読みやすさ(画像や装飾)の工夫
    ・書いている人の権威性・専門性
    ・被リンク・発リンクの数・質
  • 実際に上位表示されるには半年以上かかる
  • すぐに集客がほしいなら、広告を出すべき

 

検索順位を決定するアルゴリズムはGoogleが全ての決定権を握っており、企業秘密です。

 

そのため、上述している修正時のチェック項目はあくまで僕の主観と経験則に基づいたものであり、完全な正解というわけではありません。

 

しかし、Googleの展開しているビジネスモデル・企業理念について知ることで、ある程度の仮説や推測は立てられるので、下記の文にてまとめてみました。

 

自分自身でも仮説を立てて検証してみたい!という人は参考にしてください ^^

 

Googleのビジネスモデル&企業理念

 

検索順位 上げる

 

Googleは無料で使える検索サービスを全世界の人々に向けて提供することで、何億人もの莫大なユーザー数を獲得することに成功し、そのユーザーに対して広告を出したい企業から利益を得ています。

 

下の画像でいうところの、赤枠部分ですね。

検索順位 上げる

 

2017年Google社の売上は、企業からの広告収入が大部分を占めており(全体の70%程度)、まさに同社ビジネスモデルのコア事業といえるでしょう。

 

検索サービスの質の担保が、Googleのビジネスにおいてどれだけ重要なのかがわかるデータです。

 

データ参照元:Google親会社のアルファベット社、2017年売上が1,109億ドル(約12.2兆円)を記録

 

Googleが掲げる10の事実

Googleの公式サイトに掲載されている内容でして、SEOで悩んだ時の指標になります。

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。

 

Google がこの「10 の事実」を策定したのは、会社設立から数年後のことでした。Google は随時このリストを見直し、事実に変わりがないかどうかを確認しています。Google は、これらが事実であることを願い、常にこのとおりであるよう努めています。

引用:Googleが掲げる10の事実

 

SEOには直接関係ない項目もありますが、公式ページでは、10の項目全てにGoogleの注釈が加えられており、非常に参考になります。

 

読んだことのない方は、必ず読んでおきましょう ^^

 

ユーザーの思いを汲んだコンテンツを作る

検索順位 上げる

 

検索順位を上げるための、僕なりの経験談と考え、そしてGoogleのビジネスモデルと理念についてお伝えしました。

 

Googleのアルゴリズムは日々進歩しているため、AIをだますようなテクニックは年々通用しなくなっています。

 

ユーザーファーストでありつつも、Googleの目を意識したサイト運営を心がけましょう。

 

【宣伝】僕は個人でSEOコンサルのお仕事を受けておりまして、興味がありましたら下記より詳細をご覧くださいませ。
↪︎SEOコンサルティングの依頼ページ