Lancersで現役エンジニアに相談してみよう!

【無料アリ】プログラミングスクールのおすすめ3社を現役エンジニアが紹介

「プログラミングを勉強したいと思ってるんだけど、独学は難しそう。おすすめなプログラミングスクールがあれば教えて欲しいな。」

 

こんにちは。ペガローです。

 

プログラミング教育の義務教育化に伴い、世の中ではプログラマー・エンジニアの需要が爆上がりしていますね。

 

それに伴いプログラミングスクールの需要も伸びているのですが、「どのスクールが良いのかわからなくて不安です」という人からの問い合わせをたくさん頂きました。

 

そこでこの記事では、現役エンジニアの僕がおすすめだと思うプログラミングスクールを「目的別に3社だけ」ご紹介しています。

【2020年5月版】プログラミングスクールのおすすめ3社

プログラミングスクール おすすめ

結論からお伝えすると、下記の3社です。

 

比較表にすると、こんな感じ。

侍エンジニア塾 テックキャンプ Kredo
サービスの知名度
コストパフォーマンス
オンライン受講
特徴・強み 業界最大手 転職に強い 英語も学べる

 

個人的には迷ったら「侍エンジニア塾」でOKだと思ってまして、理由は下記の通り。

 

悩んだら「侍エンジニア塾」でOKです

プログラミングスクール おすすめ

侍エンジニア塾の特徴
  • 人気言語を完全に網羅
  • オンライン学習に対応
  • サポートは24時間体制
  • 超大手の安心&信頼感

 

人気言語を完全に網羅
基本的な言語である「HTML/CSS」に始まり、PHP・Rubyなどの人気言語を体系的に学ぶことができます。後述しますが、個人的にはWeb系言語がおすすめです。

 

オンライン学習に対応&24時間サポート
オンライン学習にも対応しており、全国どこにいても受講ができ、困ったことがあれば講師(メンター)が24時間サポートしてくれる点も魅力的。

 

超大手の安心&信頼感
プログラミングスクールとして最大手の部類に入るため、信頼度・知名度共に抜群と言えます。受講生がたくさんいると安心ですよね。

 

特に悪いところが見つからない、ユーティリティなサービスと言えます。

↪︎『侍エンジニア塾』のキャンペーン情報はこちら

 

テックキャンプとKredoの特徴を比較

プログラミングスクール おすすめ
テックキャンプ
プログラミングスクール おすすめ
Kredo

テックキャンプは転職支援に力を入れているプログラミングスクールでして、プログラマとして本気で転職を考えている方におすすめです。

 

ホリエモンの愛称でおなじみの「堀江貴文」さんも動画で絶賛しています。

 

また、Kredoはプログラミングと一緒に英語の勉強ができる斬新なサービスです。海外のセブ島に本拠地を構えており、実際に現地で留学しながらプログラミングを学びます。

 

プログラミングのコードに関する情報は「日本語では見つからないけど英語では見つかる」ということが多々あるため、プログラミングと英語を同時に学ぶメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

 

参考①:プログラミング言語は先に決めておこう

プログラミングスクール おすすめ

学びたい言語が決まっていない人は、プログラミングスクールに入る前に必ず決めておきましょう。

プログラミング言語の選び方
  • ホームページを作りたい人:Web系言語
  • アプリを作りたい人:アプリ系言語

 

個人的に、初心者におすすめの言語はWeb系言語だと思っていまして、理由は「未経験から稼げるようになるまでの時間が比較的短いから」です。

 

費用回収は早いにこしたことはないですよね。

 

経験談ですが、僕も独学でWeb系の言語から学習をスタートして、4ヶ月目で月20万稼げるくらいになりました。

 

好みや目指したい方向性は個々人で違うので、あくまで僕の個人的意見です。ただし、あまりにもニッチな言語(C# とか)は、習得が難しいのに需要が少ないため稼ぎづらい・転職先が少ないという悲惨な結果になりやすいので注意。

 

「独学でもプログラミングで稼げますか?」とたまに質問されるのですが、答えは「可能だけど、おすすめはしない」です。

 

独学でプログラミングを勉強した僕が言うと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、プログラミングスクールには通った方がいいです。

 

というよりも、独学がおすすめではないという表現が正しいですね。理由は次の項目で説明しています。

参考②:プログラミングの独学をおすすめしない理由

プログラミングスクール おすすめ

理由は下記の通り。

プログラミング独学のデメリット
  • 莫大な時間がかかる(約1000時間)
  • 学習内容に少なからず漏れが生じる

 

プログラミングは一朝一夕で学習できるものではありません。
僕は一旦サラリーマンをやめてから、毎日10~15時間の勉強を3ヶ月継続してやっと4ヶ月目に20万円稼げるようになりました。経験としてお伝えすると、独学で仕事として稼げるようになるには、1000~1200時間くらいの勉強が必要です。

 

独学は必ず知識の漏れが生じます。
プログラミング独学における最大のデメリット。プログラミングの仕事はコードを書く以外にも様々な知識やスキルが必要です。サーバー関連・デザインツール関連などあげればキリがありませんが、独学で学習する場合はそのスキルセットに必ず漏れが発生します。

 

簡単にまとめると、「時間は膨大に消費するのに、得られるスキルは微妙」という結果になるため、プログラミング独学はおすすめではないというか、コスパが悪いです。

 

まとめ:結局は自分次第。今の行動が1年後の自分を決める。

プログラミングスクール おすすめ

余計なお世話かもしれませんが、もしあなたが現状の生活や収入、ライフスタイルに満足していないのであれば、何かしらの行動をとるべきです。

 

プログラミングスクールに通うにしろ、独学で勉強するにしろ、行動なくして成果はありえませんよね。

 

参考までに、僕が受注したことのあるプログラミング案件と単価を載せておきます。

  • 中小企業のホームページ制作(30万円)
  • ある美容室グループの予約システム構築(50万円)
  • 整骨院のホームページ集客コンサル(10万円/月)

3つ目はプログラミングとは少し違いますが、ホームページ制作から派生した案件だったので載せました。

 

実際に僕の周りでも、フリーランスとして生活している人は山ほどいます。中小企業のホームページ制作を受注できるスキルが身に付けば、普通に生活できるようになりますよ。人生は思ったよりもイージーモードです^^