Lancersで現役エンジニアに相談してみよう!

【現役フリーランスが語る】個人で独立するのにおすすめの職種・仕事

 

「時間や場所に縛られない働き方ができるフリーランスになりたいと思っているんだけど、自分にはなんのスキルもない。未経験から独立できる職種・仕事って何があるか知りたいです。」

 

こんにちは。福岡でフリーランスエンジニアとして活動しているペガローと申します。

 

現在は企業のホームページ制作やプログラミング案件を受けつつ、ブログを書きながら生活中。

 

この記事では、フリーランスとして働きたいと考えている方に向けて、「未経験から個人フリーランスとして生活できる職種」について3つほど紹介します。

 

※この記事で紹介する職業は、全て僕自身が経験したことのある仕事です

それでは、いってみましょう〜

 

【実体験】フリーランスにおすすめな職業・仕事

フリーランス おすすめ

 

結論からいうと、下記の3つ。

フリーランスにおすすめな仕事
  • プログラミング(Web制作)
  • YouTube動画編集者
  • Webマーケター

 

正確に言えば、上の2つのうちどちらかを習得した後に、3番目のWebマーケターのスキルを獲得するのが効率的です。

 

それぞれの職業・仕事内容について簡単に解説していきますね。

 

プログラミング(Web制作)

フリーランス おすすめ

企業にホームページを作ってあげて、制作代金をもらう仕事。スキル習得にかかる時間に対して得られる報酬が大きいため、比較的稼ぎやすい職業と言えます。個人的にはおすすめ度No.1

↪︎【フリーランスになりたい人向け】おすすめプログラミングスクール3選
【フリーランスになりたい人向け】おすすめプログラミングスクール3選

 

YouTube動画編集者

フリーランス おすすめ

個人・企業問わず、YouTubeチャンネルの運営者は撮影した動画の編集を外注することが多いです。1件あたりの単価は低いですが、安定的に収入が得られる&実績が増えてきたら企業のPV動画制作などの依頼も受けられるようになります。

↪︎【本気の人向け】2020年:動画編集ソフトおすすめ3選を解説(有料版)

【本気の人向け】2020年:動画編集ソフトおすすめ3選を解説(有料版)

 

Webマーケター

フリーランス おすすめ

インターネットを通して企業の商品・サービスの販売促進をアドバイス・代行する仕事です。上の2つに比べて習得の難易度は高め。ただ、ホームページを作ったりYouTube動画の編集に関わっていくうちに身につくスキルなので、気付いたらできるようになっていたりします。

 


以上、未経験者がフリーランスになるうえでおすすめな職業・仕事を3つ紹介しました。

 

繰り返しになりますが、3番目のWebマーケターは個人でも可能ではありますが、スキルの習得難易度が高いため、いきなり挑戦するのは難しいです。

 

ただ、最終的に個人でWebマーケターとして仕事をとれるようになったら月収100万は容易でして、これは個人で年収1億円以上を稼ぐスーパーフリーランスのマナブさんも提唱しています。

※この動画では、Webマーケティング会社に就職してノウハウを吸収してから独立する流れについて解説されています

 

2~3年ほど時間をかけてもOKな人は、この流れでもいいですね ^^

 

「そんなに時間をかけたくないし、できれば1年以内には安定して生活費が稼げるくらいになりたい!」

 

もし、できるだけ早くフリーランスとして生活できるだけのスキルを身につけたいなら、1番目のプログラミングか、2番目の動画編集スキルを学びましょう。

 

両者とも、習得にかかる時間が比較的短く(最短3ヶ月程度)、今後の成長も見込まれる分野なので、安定性も高いです。

【2020年】動画編集におすすめなパソコンは〇〇(スペック&選び方) 【フリーランスになりたい人向け】おすすめプログラミングスクール3選

 

ブロガーはフリーランスに向いていない?

フリーランス おすすめ

 

たまにある質問として「ブログだけで生活することはできますか」というのがありますが、結論からいうと「可能だが、ブログ単体で稼ぐのは難易度が高い」です。

 

ブログは情報発信の装置なので、『発信できる情報がないと稼げない』んですね。

 

そして、最近の傾向としては「企業 or 信頼できる個人」の書いた記事しか上位表示されにくくなっているため、特になんの取り柄もない人がブログだけでお金を稼ぐのはハードルが高いと言えるでしょう。

 

しかしながら、ブログ単体で稼ぐのは難しいですが、何かしらの強みを持った人がブログで情報発信をして稼ぐのは非常におすすめです。

 

僕の場合でいけば、フリーランスエンジニア×動画編集者×ブログって感じですね。

 

ポジショントークというわけではないですが実際に実績もあるので、僕が発信するこれらの情報には信憑性が生まれ、商品も買ってもらいやすくなります。

 

また、ブログで稼ぐこと=Webマーケティングの実績なので、Webマーケターとしての仕事獲得にもつながります。

※もちろん、そのままブログを伸ばすことに注力してもいいと思います

 

フリーランスとしての実績がしっかりついてきたら、徐々に情報発信を始めることで、収入UPや安定に繋がるということですね ^^

↪︎【ブログ vs プログラミング】どちらをやるべきか、経験者が教えます

【ブログ vs プログラミング】どちらをやるべきか、経験者が教えます

 

まとめ:失敗して失うものは意外に少ない

フリーランス おすすめ

 

この記事では、現役フリーランスとして活動している僕が、特に専門的なスキルを持っていない人向けに『フリーランスになるうえでおすすめな職業・仕事』について紹介しました。

 

この記事のまとめ
  • 未経験の人がフリーランスになるうえでおすすめな職業は「プログラマー(Web製作者)」か「動画編集者」
  • 上記2つで売上が立つようになったらブログで情報発信をしてマーケティングのスキルを身につければより安定
  • いきなりブログで稼ぐのはあまりおすすめじゃない(というよりやめたほうがいい)

 

世の中では、独立→失敗すると人生の終わりみたいな感じですが、全然そんなことはありません。

 

人生において最もおそれるリスクって「成長しないこと」だと思うんですよね。

 

ぶっちゃけた話ですが、仮に失敗しても失うものってお金くらいじゃないですか。

 

それなら、自分が成長する可能性にかけたほうが楽しい人生を送れる気がしますね ^^