Lancersで現役エンジニアに相談してみよう!

【2020年最新版】クラウドソーシングサイトのおすすめ3選を大暴露

「社内業務の一部を外注して、効率化させたい。クラウドソーシングが安くて良いらしいんだけど、何かおすすめはあるのだろうか?」

こんにちは。ペガローです。

政府主導の副業解禁や、最近のコロナショックに伴って、世の中ではフリーランスとして働きたい人が爆増していますね。

社内業務の一部をフリーランスに外注するという企業も増えてきており、クラウドソーシングサイトは今まさに盛況の最中です。

そこでこの記事では、現役フリーランスエンジニアの僕が「業務を外注するのにおすすめなクラウドソーシングサイト」を、信頼できる3社のみに絞ってご紹介します。

【2020年5月版】クラウドソーシングのおすすめは3社のみ

クラウドソーシング おすすめ

結論からお伝えすると、下記の3社です。

おすすめクラウドソーシング
  • ココナラ
  • ランサーズ
  • クラウドワークス

この3社は僕が実際に使っていまして、対応力・案件の豊富さなどから総合的におすすめだと感じているクラウドソーシングです。

※フリーランスとして案件を受ける時にも使いますし、僕自身の業務を外注する時にも使っています。

1社ずつ紹介していきますね。

ココナラ

クラウドソーシング おすすめ

個人が自分の持っているスキルを自由に売り買いできるサービス。知識・スキル・経験をお金にできるという触れ込みで利用者を増やしています。取引価格の上限が「50,000円」なので、それ以上の規模で外注する場合は下記のサービスを使いましょう。

↪︎簡単!無料会員登録はこちら

ランサーズ

クラウドソーシング おすすめ

システム開発〜単純作業まで応募されている仕事内容は多岐に渡ります。個人的に最も使っているクラウドソーシングでして、全体的に使いやすい印象。仕事を依頼したクライアントの評価や実績を元に、登録しているフリーランスは「レギュラー」「ブロンズ」「シルバー」「認定」と階級分けされています。

↪︎ランサーズはこちら

クラウドワークス

クラウドソーシング おすすめ

ランサーズに並んで「日本最大級のクラウドソーシングサイト」。ランサーズが「若干IT・エンジニア寄り」の案件が多いのに対して、クラウドワークスでは「ライティング・データ入力」などの簡単な案件が多いです。依頼に応募してくる人も子育て中のママさんなど、「あまりスキルはないけど時間はある」という層がメイン。とにかく安く人手がほしいという場合は最適でしょう。

↪︎日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

参考①:クラウドソーシングサイトのビジネスモデル

クラウドソーシング おすすめ

フリーランスのほとんどが利用しているクラウドソーシングですが、仕組みをしっかり理解しておかないと「無駄な時間とお金を使うことになる」可能性があるので注意。

クラウドソーシングは無料で誰でも登録できるため、フリーランスの間でスキルにばらつきが出てしまいます。

言い方を選ばずに伝えると、めちゃくちゃ安い金額で受けてくれるからと言って安易にお願いしてしまうと、「素人に毛が生えた程度の作品」が納品され、お金と時間が無駄になる可能性があるということです。

つまり、クラウドソーシングサイトを利用する際は「安さだけでなく質も担保できるフリーランス」を選ぶことが重要と言えますね。

参考②:クラウドソーシングは複数登録すると安心

クラウドソーシング おすすめ

上述しているように、発注側がよりよい条件でフリーランスに発注するためにも、こちらが選ぶ立場になれるように複数のクラウドソーシングサイトに登録しておくと後々が楽になります。

とはいえ、何十社も登録してしまうと選択肢が多すぎて選べなくなってしまうので、個人的には先ほどの3社ぐらいで十分ですね^^

おすすめクラウドソーシング
  • ココナラ
  • ランサーズ
  • クラウドワークス

まとめ:自社リソースが足りないなら外注がおすすめ

クラウドソーシング おすすめ

少しネガティブな話もしてしまいましたが、現代日本において社内業務の外注とフリーランスは切っても切れない関係にあります。

上手に利用・活用して、会社の成長に役立てていきましょう^^

記事で紹介したクラウドソーシングサイト
  • ココナラ
  • ランサーズ
  • クラウドワークス