Lancersで現役エンジニアに相談してみよう!

【徹底解説】あなたのブログが伸びない原因と伸ばすための具体策

 

副業で収入を安定させたくてブログを始めたけど、アクセスが伸びない。このまま出口の見えないトンネルを進み続けるのは無理なので、何かしらのきっかけがほしい。どうすればいいんだろうか?

 

こんにちは。ペガローです。

 

福岡でフリーランスエンジニアとして企業から仕事をもらいつつ、ブログを書きながら生活しています。

 

ブログ歴は3年ほど。このブログには毎月10万人ほどが訪れ、20~30万円くらいの収益が1年くらい安定しています。

 

当ブログでは、アフィリエイトに関する情報も発信しているのですが、記事を読んだユーザーの方から「頑張ってブログを続けているが、アクセスの伸ばし方が分からない・・・」という問い合わせを頂きました。

 

悲しい現実ですが、ただ続けているだけではブログは伸びません。とはいえ、せっかくやるならアクセスも収益も欲しいですよね。

 

そこで本記事では「ブログが伸びない」と悩んでいる方向けに、伸びない原因と伸ばし方について解説しています。

 

【極秘】ブログが伸びない原因は2つだけ

ブログ 伸びない

 

ブログが伸びない原因は人それぞれだが、大別すれば下記のどちらかになります。

 

ブログが伸びない2つの要因
  • 内容に需要がない
  • 上位表示されていない

 

解説します。

 

内容に需要がない

あなたの書いたブログ記事は、そもそも誰かが必要としている情報をわかりやすくまとめられていますか?

 

世の中の誰も興味がないような内容の記事を書いていた場合、それを検索する人もいないのでユーザーは来ませんよね。

 

芸能人やプロスポーツ選手は、日記のようにブログを書いても一定のアクセスはきますが、僕たち一般ピーポーは「世の中に求められている情報」を「わかりやすく」発信する必要があります。

 

ブログやアフィリエイトの世界では、検索からの集客が大きなウェイトを占めていますが、『NEILPATEL』という無料のツールを使うことで「どんなキーワードが毎月どれだけ検索されているか」を調べることが可能です。

 

今までキーワードの検索ボリュームをチェックせずに記事を書いていたという人は、これを機会に脱初心者しましょう。

 

また、当ブログでは他にもアフィリエイトに役立つおすすめツール10選という記事も公開しているので、こちらも参考になるかと思います。

【初心者必見】アフィリエイトにおすすめなツール10選(僕も使ってます)

 

上位表示されていない

 

あなたの書いた記事が、キーワードや検索ボリュームを意識して書いたものであるにも関わらず、ブログのアクセスが増えないのは「狙ったキーワードで上位表示されていないから」です。

 

当たり前のことかもしれませんが、ここが非常に重要です。

 

ここからは、グーグル検索において上位表示されるために必要な考え方・PDCAの回し方についてお伝えします。

 

【改善】ブログの伸ばし方(PDCAを回す)

ブログ 伸びない

 

コンテンツが上位表示されない理由をざっくり抽象的にまとめると、Googleから「上位表示させる価値がないと思われているから」ですよね。

 

そして、Googleがコンテンツを上位表示させるかどうかの判断指標としては、近年では下記の3つが有力です。

 

Google上位表示の指標
  • 記事の質
  • 記事に対する被リンク
  • ブログ運営者の知名度(サイテーション)

解説していきます。

 

まずは、いうまでもありませんが、コンテンツの質が最重要です。
「ハンバーグ 作り方」で上位表示させたい記事に対して「アフィリエイトの稼ぎ方」なんて載せてはいけません(少し極端にしてます)。また、コンテンツ自体も「ハンバーグの作り方」だけをただ載せるのではなく、「ハンバーグに合うソースの作り方」「カロリー」「材料をそろえるのにかかるお金」などを載せておくと親切ですよね。キーワードに対する直接的な回答以外に、そのキーワードで検索してきたユーザーにとってメリットになりそうな情報をわかりやすく載せておくことで競合サイトとの差別化を図りましょう。

 

また、他サイトからリンクをもらうことも大事。
被リンクはインターネット上の投票券と言われることがあります。他サイトからたくさんのリンクをもらっていれば、信用できるサイトだとGoogleは認識するのです。Yahooなどの大手サイトからリンクを1本もらえば、信頼性は爆上がりします。反対に、開設したばかりのブログ・ホームページからのリンクをもらっても、そこまで効果がありません。このへんは、現実世界でも一緒ですね。

 

最近になって重要視されてきたのが「サイテーション」という指標です。
運営者本人やサイト自体の信用性という考え方でして、SNSでブログ名が言及されたり、ブログ名での指名検索が増えると、Googleは「このブログは知名度があり、信用できるんだな」と認識します。ブログの記事全体にかかる効果なので、日頃からSNSなどで情報発信をしていくことが重要になってきます。

 


 

上記の項目において、『他サイトより自分のサイトが優れている』という状態なら、待っていても順位が上昇する可能性大ですので、少し様子をみましょう(2~3ヶ月くらい)。

 

ただ、そうでない方が大半だと思うので、ここからはブログを上位表示させるためのPDCAの回し方について解説していきます。

 

P:上位表示させたいキーワードを決める

D:キーワードを意識して記事を書き、公開

C:3ヶ月ほど経過したら、実際に順位をチェック

A:上位表示されていなかったら、対策を施す(後述)

 

ほとんどの人は、P→Dまではできますが、真剣にC・Aを取り組めていません。

 

これって非常にもったいないことで、学校の勉強に例えるなら「成績を良くするためにドリルをめちゃくちゃ頑張っているけど答え合わせをしていない」という状況。

 

ドリルを頑張る→答え合わせ→間違えた箇所を修正することで、成績は伸びますよね。

 

ブログを伸ばすのも同じでして、実際に記事を書いてみる→検索上位に表示されるかどうか答え合わせ→修正を繰り返すことでアクセスが増え、結果的に収益も増えます。

 

学校の勉強と違うのは、「間違っても正しい答えを教えてくれる人がいない」という点。

 

そのため、行動して得られた結果に対して「自分で仮説を立てて検証する能力」が重要になるのです。

 

そうは言っても、その仮説の立て方が分からない・・・

 

という人もいらっしゃると思いますが、ここで役に立つのが先ほど述べたこの3点。

Google上位表示の指標
  • 記事の質
  • 記事に対する被リンク
  • ブログ運営者の知名度(サイテーション)

 

あなたが狙っているキーワードには、既に他サイトが表示されているはずです。

 

「SEOは場所取りゲーム」なので、要は「現在上位表示されているサイトよりも、上記の3点において勝てば良い」だけですね。

改善例
  • コンテンツの質が低いならリライト(修正・追加)
  • 被リンクが少ないならリンク営業・相互リンクの依頼
  • 運営者自身の知名度・信頼度が低いならSNSでの発信

※上の例は、僕が実際にやっていることです

 

そんなに大変なのか・・・。てか、ここまでやる必要あるの?

 

ここまでやって上位表示させる意味があるかどうかは「キーワード次第」と言えます。

 

例えば、下記のような2つのキーワードがあったとします。

・上位表示できれば1ヶ月に10万円稼いでくれるキーワード

・上位表示させれば1ヶ月に1,000円稼いでくれるキーワード

 

上位表示させるための労力が同じであれば、間違いなく前者のキーワードに力をいれるべきですよね。

 

また、どれだけ上位表示が簡単でも「稼げないキーワード」に力をいれてはいけません。

 

なるほど!そしたら、「上位表示させるために必要な労力」と「上位表示できた際に得られる利益」を見積もって、より利益率の高いキーワードを狙えばいいんだ!

 

その通りです。最初のうちは「上位表示に必要な労力」「上位表示時に得られる利益」の両方を見積もることは難しいですが、これはやっていくうちに慣れるしかありません。

 

長くなってしまったので、次の項目でまとめます。

 

【まとめ】ブログを伸ばすためにはPDCAが重要

ブログ 伸びない

 

お疲れ様でした。この記事で書いていることをまとめています。

 

この記事のまとめ
  • ブログが伸びない原因の大半は「上位表示ができていない」こと
  • 上位表示するためには「コンテンツの質・被リンク・サイテーション」が重要
  • そのキーワードを上位表示させる価値があるのか、よく検討してから記事を書く
  • 書いた記事は2~3ヶ月おきに順位をチェックし、改善に取り組む

 

いろいろ書きましたが、結局は「行動→確認→仮説検証」を繰り返せるかどうかです。

 

これはどんな仕事にも必要な考え方なので、この機会にぜひ身に付けてくださいね ^^

 

では、さよなら~。